スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カムジャタン

今回は福島区にある僕たちのお店「じゃがいも鍋キュウロク」の看板料理「カムジャタン」のおはなしです。

カムジャタン… 韓国料理の中でもっとも好きな料理。


「カムジャ」はハングルで「じゃがいも」。「タン」は「湯」だったり「汁」「鍋」。んで…カムジャ タン。= じゃがいも 鍋!

諸説のひとつとして「カムジャ」=「背骨」という意味でもあり「背骨」「鍋」で「カムジャ タン」とも言われていますが…
僕たちの愛するカムジャタンやっぱり「じゃがいも鍋」と呼んでおります!


 


カムジャタン


そもそもカムジャタンて何??てな方に少し説明を…

以下ソウルナビさんから抜粋↓

三国時代(313〜716年)の頃、特に豚肉で有名だった現在の全羅道(チョルラド地方から全国各地に広がった料理。そ の当時、畑仕事をする時に貴重な"牛"の骨の代わりに"豚"の骨を煮て患者やお年よりに出したところ、病気の治療と予防に役立ったが始まりとか。また近 代、ソウルと港がある仁川(インチョン)を結ぶ京仁線(1899年開通)建設工事の現場で、全国から集まった労働者向けに作られた料理"

労働者向けなんても書いてありますが…  僕の本当に大好きな料理。
カムジャタンを初めて食べてからもう10年以上経ちますが相変わらず好きです!



もやはり飲食人の端くれです
 たまの休みはいろいろな食べ物を食べる事が楽しみわけですから、毎回毎回違うものをチョイスする中

カムジャタンだけはメチャ食べ訳です!
ソウル・釜山・生野・新宿・日本橋かなりの数のお店のカムジャタンを食べましたが…どこのお店のカムジャタンにも共通として「じゃがいも・背骨肉・ゴマの葉」は入ってます。その他の具材として白菜、春菊、キムチ、エゴマの実、すりエゴマ、きのこ、春雨トッポギ、青唐辛子スジェビ、豆腐、らーめん、カルグクス…等など。

我がキュウロクでは追加の食材としてそのほとんどをご用意してますので、カムジャ
タン通の貴方のお好みにもあわせて、カムジャタンをオーダーすることが出来ます!

Korean.food-Gamjatang-01.jpg




スープの多種多様。真っ赤っかな唐辛子の効いたスープ、色は薄いけど青唐辛子が効いてるタイプ。じゃがいもが溶け出してドロドロになったタイプ…。
じゃがいもがゴロンとそのまま入ってるタイプやある程度炊いて割って入ってるタイプ。それから一人でカムジャタン屋へ食べに行くとタッペギ(丼のような一人器)に入れてくれてこうなると「ピョタギヘジャンク」「カムジャクク」などと呼ばれたりする料理に…















僕が感じるに料理はやっぱり千差万別 十人十色。カムジャタンもいく先々で違うわけです。
当店じゃがいも鍋キュウロクの送るカムジャタンは辛すぎず…ニンニク効きすぎず…じゃがいもも炊きすぎず固すぎず… と日本人の口に合うよう工夫はしていますが…

もちろんお好みでオーダーしてください!「メチャ辛ニンニクどっさり!」
とか「ニンニク無しで青唐辛子山盛り!」とかww

あなた好みのカムジャタンが出せるお店になりたい。
モチロンお取り寄せも作りました!
大阪唯一のカムジャタン専門店としてコレからもカムジャタンを本場のものにさらに近づけながら… さらに進化していきたい所存です!

皆さんコレからもキュウロクをよろしくお願い致します!
今回はカムジャタンのお話でした〜♪


お取り寄せカムジャタンはこちら。
じゃがいも鍋 きゅうろく

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL