スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

夢のひとつだった事

バイクや遊びにしか興味がなかった17歳の頃。
勉強もまったく出来ない僕は進路に悩んでました。

なんでもいいから商売をしたいと言う理由から「経営系」の専門学校に行こうと考え
父親に「専門学校行きたいからお金貸してください。」って相談しました。

父「何の学校?」

僕「いつか商売したいから経営の専門学校行きたいねん。」

父「アホか。高校でもロクに勉強でけんヤツが何が経営や。」

僕「く… 今からやるんやんけ!絶対頑張るからやらしてくれ!」

父「アカン、無理無理。 お前は何か作ったりするんが得意やから…
  何か手に職付けるような学校やったら考えたる。」

非常に悔しかったので鮮明に覚えてます。ま、父親の言う事はばっちり当っていて
少し勉強には自信が無かったこともよく覚えてます。

じゃあ何の専門学校へいったらええかなぁ… バイク好きやし整備士? 服も好きやから
デザイン学校? 髪の毛きる美容師もカッコええなぁ…てな感じでしばらくは悩んでました。

僕はその当時枚方のお好み焼屋さんにアルバイトに行ってました。
当時の店長に相談してみたところ…

店長「黒田。飲食業は素晴らしい仕事やで。 自分で考えて、自分作った商品を、自分でお出しして、さらに頑張ればお客さんに直接ありがとうって言ってもらえる仕事なんやで。こんな仕事滅多に無いぞ。」と。

僕はお店に来ているお客さんをキッチンから眺めるのが好きでした。
窓際で木漏れ日に照らされて、ひとり笑顔で食事をするおばあちゃんを見て
ああ…こういう風な顔でご飯食べてくれたらうれしいなぁと思った事をよく思い出します。
でもまさか自分が飲食店をするなんて考えてもみなかったですが…
この時の店長の言葉で道が拓けました。

翌年から調理の専門学校へ進むことを決めた僕はすぐにひとつの目標を立てて…
「小さくてもいいから自分の店を持つ」でした。

あれから店を変え、土地を変え、いろんな先輩方から教えを頂戴してきました。

ご存知の通り目標だったお店を持つ事は数年前に叶えて…次は3店舗目ではあるのですが、
毎回お店の出店が近づくとその時の事を思い出します。

父親の的確なアドバイスや母親の優しい言葉。 店長や先輩たちの教えなどが無かったら
こんな風に飲食業に出会えてなかったかもしれない。

次のお店は僕の地元香里園。
やっぱりあの時のおばあちゃんの様に笑顔でご飯が食べれるお店にしたい!ってのは
17歳の時から変わらない。 やっぱり飲食業って素晴らしい。てのも変わらない。
いまはたくさんの仲間も出来たし…


「いい店にします。」誓います!
よ〜し!頑張るぞぉ〜!! 黒田 一郎 2011/09/12

宜しくお願い致します! 




ねやバーガー?

これは凄い企画。
僕らの地元寝屋川に御当地バーガー!
な企画…。 参加したいなぁ〜96バーガーで!



でも25日は無理やねんなぁ…(T_T)

感動しました。

 昨晩は早寝しまして… 今朝は早起きしました。

日本の皆様は同じ事したでしょうね〜、今日は。

そう女子ワールドカップでした。 結果はみなさんご存知の通り。

wcup

取られて… 取り返して…

取られ返されて…  もう終わりかと諦めかけた時間にまたまた取り返して…

実はアメリカの方が精神的に追い込まれていたのはPK戦をみれば明らかでした。


夢は叶う… 思い続けて努力をやめず… 絶対に勝つんだと言う気持ちこそが
たぐり寄せる夢。  延長での澤選手のシュートはまさにそんな感じでした。

そしてPK戦。格好良すぎた海堀選手…

見せつけられたわ〜。めちゃくちゃかっこ良かった…!
僕も絶対に諦めない人生にしようと朝から教えられました!!





世界一おめでとう!なでしこJAPAN!



鉄板焼屋きゅうろくじゃがいも鍋 きゅうろく

友達って。

友達って。

子供の時には一緒に時間を過ごす大事な仲間として…
一緒に野球をしたり…鬼ごっこでかけずり回り… ときにはいたずらなんかを一緒にして
先生から大目玉を喰らい一緒に立たされたり。

青年期には良き相談相手になったりなってもらったり…
恋愛や進路に悩む時心の支えになるのはやっぱり友達だったなぁ… と。

大人になってからもそれぞれの道に進んだ友達達と話をしますがやっぱり昔のまま。


このお仕事。特に自分のお店を持ってからいろいろな友達に再会させてもらう
機会が多くなりました。20年以上会ってないような友達にもちょくちょく会います。

「20年以上会ってなかったら友達ちゃうやん!」 僕もそう思ってました。

先日東京で「中学の野球部時代」の友達と再会しました。本当に10代以来…
何話そうかな…仕事も畑違いっぽいし…。 そんな不安はあった瞬間に消えました。
「変わってへんなぁ!」を皮切に、昔の話が湯水のように…
まさに心の引き出しにしまってたとはこの事。そういえばそんな事あったな!って。

そして仕事の話や夢の話なんかで刺激を与えてもらいました。
「ん? 子供の時と一緒やな。」 僕たちまだまだ子供なんだな〜って。

夢もあるし悩みもある。まだまだ人生も長い。そう気付かせてもらいました。
一緒に年を取って行く友達たち。   そりゃあずっと子供のままだわな〜。

そんな友達達ってホント大事。
しょうもないことして立たされへんように… 今日も頑張ろう!(笑)

東京。

お仕事で東京へ3日間行って参りました。

1年ちょっとぶりの東京で震災後は初東京でした…

視察の意味も兼ねて鉄板焼店とカムジャタンのお店を数店伺いました…





TOKYO刺激的!!!


いやぁ〜。一昔前、「飲食店は大阪の方が上。味も接客もやっぱり大阪。」

なんて言われてる時代がありました。昔は僕自身も東京へ行くたびに

やっぱり大阪の方がいいなぁ。なんて実際思ってました。

今回の訪問ではっきりしました。

大阪も東京も関係ない!(ま、知ってたけど。)

むしろ東京の活気と店員さんの意欲に押されまくりました…

今回はいろんな友だちとの再会も兼ねてあちこちのお店を回りましたが

「ホンットにいい店」ばかりでした。 「味も接客も、お店の造りも…。」


負けへんでぇ!

となる訳ですよ!(^^)  同じ飲食人として!

僕たち「TEAM きゅうろく」も本当にいいスタッフ、いいチームで

全然負ける気はしないんですけども… 帰ってきて皆に伝えたいと思いました。

「俺らまだまだやで。」

って。 もっともっといい店に出来るし、良き飲食人にもなれる!

決してネガティブに「まだまだ」では無く伸びしろがあるという意味で「まだまだ」。 


「今度はみんなで行きたいなぁ、東京
」と次の目標を見据えつつ…

収穫のあった東京を振り返るのでした。

PS ちなみのここ最近ブログをサボっていた事のいい訳を。
  コーヒーをパソコンにぶちまけてクラッシュ!! していたのです〜

  またすこしづつ書きますので… 遊びにきてください…
  ブックマーク外さないでくださいね!(><)
 

A

今回いい写真がないので…
東京で再会した旧友のひとり。「A氏」の写真でも載せときますか〜。

ええヤツです。(笑)

新芽が!

新芽が!

イイですね〜。何かの予感…
きっといい事ありますね!




雨止みましたね〜。

土砂降りだった雨も上がりました。

僕はこの「雨上がり」ってのが好きです。
なんか「さぁ外に出れるぞ!」が「なんか新しいことが待ってるぞ!」
って感じになりませんか? 

雨が止んで… 遠くの空が明るく見えて…
あそこに何かがあるんやな… 雨上がったし行ってみよ!

みたいな感じ。(笑) さぁ行こう〜

 *記事新カテゴリ【店主のつぶやき】追加しました。
仕事にも関係ないようなことはコレで。 コメントもご自由にゆる〜く。